2019年9月21日 鹿児島におきまして日本消化器がん検診学会九州大会が自治会館で開催されました。今回のテーマは“住民とともに歩む消化器がん検診をめざして”でした。その中で放射線技師の役割、胃X線検査の今後として東京大学医学部付属病院の山道先生のご講演に放射線技師の期待と役割に大きな存在意義を確認することができた。また読影補助認定制度の導入における技師の役割、問題点等、オンライン教育の普及等‥今後若い放射線技師がさらにスキルアップをし、予防医学の一翼を担える技師の成長に大いに期待したい。